« スピンサーブ 動作分析 Norikazu Sugiyama | トップページ | Norikazu Sports Academy 島優一のMessage PJ »

2011年1月25日 (火)

スポーツ対談 杉村太蔵 氏

2011年 新企画 【スポーツで日本を元気に!】 をスタートします。

企画内容 
杉山記一とプロスポーツ選手、アーティスト、文化人、経営者、政治家、、、etc といった社会で活躍している人達や世界で活躍した人達との対談。

テーマは、すばり「スポーツ!」です。

その人達がどういったスポーツを行ってきたのか?そのスポーツで何を学び、どう人生に影響していったか?という内容で杉山記一と対談し、「今後の日本のスポーツ界の発展」と「子供達へのより良い指導を考えていきたい」という想いでスタートさせました。

この企画は、「スポーツで日本を元気にしていく!」という強い気持ちではじめたので、沢山の人との対談から面白い情報を発信できればと思っています。

まず、websiteアップ第一弾!

■杉村太蔵 氏 1979年8月13日生まれ(32歳) 北海道出身

Cimg9559

杉山 
Q1 今までどんなスポーツをしてきましたか?

杉村氏
A1 私は、テニスだけでした。小学校4年生の時から、親の影響ではじめました。祖父は、北海道で初めてテニスをした人間でした!「家族でやれるスポーツは何か?」と考え【テニスだ。】と考えたそうです。

しかも「世界的なのは、軟式じゃなく硬式だ。」と、杉村ローンテニスクラブを作りました。

父親もテニスで北海道チャンピョンでしたから!そいうったことから、私のスポーツの選択肢は、テニスしかなかったんです。それがスポーツ選手としては、良くなかったと思います、、、。

なぜなら、どの一流スポーツ選手も、「小さいは、頃サッカーをやってた!」とか「水泳をやっていた!」と言いますもんね。私もテニスの為に、小さい頃に他のスポーツを科学的に行っていたら、また違ったパフォーマンスが出せたかもしれません。

マッケンローもグラフもベッカーも【サッカー】をやっていたと言いますもんね。僕もフットワークを良くする為に、サッカーをやっていたら良かったな~。 笑

でも、まったくテニス以外のスポーツに興味が無いんですがね。 爆笑

自分の娘にもテニスをやって欲しいですね!

Cimg9551

杉山
Q2 スポーツから学んだことは何ですか?

杉村
A2 小学生の時から試合に出ていますが、「本気で」に強くなりたかったです。

高校生の時の夢は、「日本一になる!」ことだけ考えて練習していました。テニスから学んだことは、、、、。理不尽なことを理解することですかね。「頑張っていても勝てない。」「どう頑張っても勝てない相手もいる。」「一生懸命にトレーニングしても結果に結びつかない。」

「そういうもんなんだ!」とテニスを通じて学びました。これは、社会に出て、物凄く役にたっています。会社でも政治の世界でも自分の思いどうりにいくことの方が少ないですからね。

でも、頑張らないといけないんです。努力し続けないといけないんですよ。

そういった理不尽さを学んだかな。 笑

Cimg9555

杉山
Q3 今後、日本のスポーツ環境は、どうあるべきだと考えますか?

杉村
A3 40歳になっても、50歳になってもスポーツをやる人が増えるべきだと思います。これからは、ただ長生きするのではなく、「健康で長生きする!」ことが大切だと思います。そのためにテニスは、物凄く良いスポーツだと思います。いくつになってもはじめられるスポーツであり、サッカーやラグビーを40歳、50歳から始めます!といってもなかなかはじめられないでしょ?笑

そういった人達の為に、テニス指導者の使命は、大きいんじゃないかと思うのです。

あと、施設の面では、空いているスポーツ施設をもっと開放した方が良いと思います。ヨーロッパやアメリカは、もっと安く地域の人達の健康の為に開放したりしますからね。

「健康なお年寄りを増やす!」これがテニスはできるんです。全身を使ってできる奥の深いスポーツですからね。

企業スポーツももっと改善できればいいですね。社員がスポーツで健康になれば会社の業績も上がると思います。

杉山
Q4 今後、スポーツとどう関わっていきますか?

杉村
Q4 私は、今物凄く試合に出たいんです!18歳の時に国体を優勝し、目標達成した時点で、モチベーションが下がり、他に目標がいってしまいました。13年間のブランクはありますが、もう一度試合に出て、あの緊張感の中でプレーがしたい!と思っています。

この13年間の間に、物凄く色々な事が起こりました。社会人としての経験、政治家としての経験が、私の「心」の部分を物凄く成長させてくれたと思っています。そのお陰で、今は、一皮向けたプレーができるんですよ!「攻めのテニスです!」

「より良いパフォーマンスを出そう!」と今プレーできているんですよ!

「全日本選手権本戦に出る!」という新しい目標ができ、本当に幸せなんです。この「夢が持てる」「希望がある」という点でスポーツは、物凄く素晴らしいものだと感じています。

最近、神宮をランニングしているんですが、50歳くらいの走っているおじさんが本当に幸せそうに走っているんですよね。それがスポーツの魅力ですね。

この人生の喜びを与えてくれるテニスをこれからも続けていきたいと思っています。

杉山記一の感想 

杉村さんのお話が本当に面白く、1時間の対談が一瞬で終わってしまいました。目標に向かってこれからもテニス頑張って欲しいと思います。

Norikazu

Pics  ・対談後の二人   ・杉村太蔵さん

« スピンサーブ 動作分析 Norikazu Sugiyama | トップページ | Norikazu Sports Academy 島優一のMessage PJ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1461634/38598921

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ対談 杉村太蔵 氏:

« スピンサーブ 動作分析 Norikazu Sugiyama | トップページ | Norikazu Sports Academy 島優一のMessage PJ »