« 2月10日 Norikazu Sports Academy  「気づき」 | トップページ | Norikazu Sports Academy 「良い指導者に巡り会う為の条件」 »

2011年2月12日 (土)

2月11日 Norikazu Sports Academy 世界から学んでいく

先日、会社に出社した時に橋本社長から1冊の本を頂きました。橋本社長からは、いつも「Noriちゃん、これ読んで!」と本を頂きます。 笑

パスファインダー 
道なき道を切り開く先駆者たれ!! 
大前研一通信

移動中に読んでいて面白かったので紹介します。

文中
第1章 【教育論】
3 答えのない時代の「教えない教育」

「答えを見つける」能力ではなく「答えを考える能力」を磨く必要がある。(Think!2009 夏号30号 東洋経済新報社)

こういった記事がカテゴリー別に紹介されていきます。

目次
第1章 教育論
第2章 日本の若者への伝言
第3章 「親」論
第4章 こんな大学を創羅なければ日本に未来はない
第5章 「大学生で大学をつくろう委員会」メンバーの生の声を聞く

5 世界から学べ
世界を見渡せば、成長のチャンスはいくらでもある。

という文を見て、やはり「常に目線は、世界へ」と「自分で考えて行動すること」の大切さを感じました。

スペインの世界トップレベルのコーチ達に昨年インタビューしたところ、彼らが「Nori、私達は、テニスコーチじゃャないんだよ、私達は、教育者なんだよ。」と言っていました。

【Norikazu Sports Academy】の生徒は、「自分で考え、行動できるPlayer」に育てていきたいと思っています。

その為に、毎日の練習・トレーニングの中で沢山の質問をしています。

「何で今のボールをミスしたと思う?」
A___________

「次の練習は、何をする?」
A___________

「自分に何が必要だと思う?」
A___________

「成長する為に、何をしなければいけない?」
A___________

など、自分で考えて発言し、行動していきます。

ボールを上手く打つだけの指導なら、他の指導者でもやれます。しかし、「今自分が何をしなければいけないか!?」をしっかりと把握し、練習、トレーニング、生活に取り組んでいけるように指導していきたいと思います。

1から10まで指導者の言ったことをしている子供は、大きくなった時にスランプになった時、諦めたり、乗り越えるのに時間が沢山かかったりします。

子供の成長は、物凄いスピードで成長していくので、常に彼らが次のステップにいけるように指導していければと思っています。

Norikazu

PS 次回のブログは、 「良い指導者に巡り合う為には?」 というテーマで書きたいと思います。

« 2月10日 Norikazu Sports Academy  「気づき」 | トップページ | Norikazu Sports Academy 「良い指導者に巡り会う為の条件」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1461634/38834701

この記事へのトラックバック一覧です: 2月11日 Norikazu Sports Academy 世界から学んでいく:

« 2月10日 Norikazu Sports Academy  「気づき」 | トップページ | Norikazu Sports Academy 「良い指導者に巡り会う為の条件」 »