« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月12日 (木)

5月11日 NSA 水泳担当 島  被災地へ行って感じた事

5月3日、私は福島県、いわき市、豊間という地域にボランティアに行ってきました。

この地域にボランティアが入るのは初めてで、原発の30キロ圏内の近くということもあり、この地域は地震、津波の被害をもろに受けていました。現地入りした時に目に入って来た情報は、どれも非現実すぎて目を疑うような状況でした。

足元に倒れている信号機。田んぼの真ん中にある家。中身が空になった家。歩いていた場所が本来は床ではなく壁。自宅らしき場所の周りから備品を拾う人々。

どれもテレビの画面で観たことはありましたが、断面ではなく、全てを直接肌で感じたことで、言葉を失いました。そして、他人事だった自分にも気付かされました。被災地に入ってからは他人事ではなくなりました。

他人事のボランティア集団によって、被災した地域がボランティアの受け入れを拒否しているという事態が起こっています。他人事で来たボランティアの方々はあちらこちらと写真を撮って帰り、壊れた家の周りに散乱する備品をガレキと認識して、周りを気にすることなく足元のものを踏みながら歩いて行くそうです。

このような人たちが、ボランティアが本来入るべき地域を無くしているそうです。同じ気持ちになれとは言いませんが、少し考えればわかることです。自分が被災したら、どう思うのか、どう感じるのか。そこを考えてから行動すべきです。

現地では、「できることをできる範囲でやる」ということが求められました。自分のやりたいことは通用しません。自分から何かをするというよりは、むしろ言われたことをする。現地の人が求めていることが最優先され、そこにどう柔軟に対応することができるかということが求められました。
 

僕は工場の周りの作業に取り組みましたが、全体を見ると、気が遠くなりました。

正直な感想です。何から手をつけていいのか、いつになったら終わるのか、わかりませんでした。

しかし、そんなことを考えていても気が遠くなるだけで、何も解決しません。

わからないなりに、作業をこなしていきました。

すると、工場の周りの屋根や壁の破片は全て片付きました。工場の隣の溝に詰まっていた泥も、その日の内には全て掃き出すことができました。

工場の横に津波に負けずに咲いている黄色い水仙を見つけました。その生命力は被災した地域の人々、ボランティアで行った人たちの目にも映り、心を和ませてくれました。目の前のことを一つ、また一つ。

その積み重ねが復興に一歩。また一歩近づくと感じられたボランティアでした。

5月10日 NSA 次のステップへ♪

5月に入り、地震のチャリティーテニスクリニックや、チャリティーイベント、スポーツフェスタと精力的に活動してきました。

義援金も数十万円集まり、私もドネーションさせて頂きました。

こういったイベントや、クリニックを行い感じた事は、「まずアクションを起こそう!」という事でした。

「考えていても始まらない!」まず自分達ができることを「精一杯」やっていくことが大切だと思います。

そこから、次のステップが見えてくるのです。

今、私が感じていることは、この集まったお金で、震災で悲しい思いをしている人達へ、ラケットやボールを買って、直接現地でテニスを一緒にやっていくということです。

Norikazu Sports Academyの水泳担当の島先生が先日ボランティアで炊き出しに行ってきました。その話を聞かせてもらった時に、テニスのチャリティーイベントや、クリニックで集まったお金を寄付していく事も大切ですが、テニスで集まったお金は、テニスで元気にしていこう!と思いようになってきました。

島先生の話では、体育館や、避難場所によって食料品の状況が違っていたり、お菓子やおにぎりが山のように有り余っていたりと様々らしいのです。

今週金曜日に、橋本社長と東北へ行き、どういった状況か目で見て、テニスで元気にできるようにイベントを企画していこうと思っています。

先日の品川区テニス連盟のチャリティークリニックでもお話させて頂きましたが、「テニスができ、楽しいと感じた時や、幸せと感じた時に、今苦しんでいる人達の力になっていきましょう!それがテニス愛好家の役目だと思います!」と話しました。

本当は、どんな状況でも、困っている人がいたら手を貸すのが理想ですが、自分が辛い状況の時に人の為に!というのは「今は!」難しいと思います。

少しずつでもステップアップしていけるようになれば良いと思います。

皆さんの意見も聞かせて下さい。

メールアドレス 
norikazunet@hotmail.com

Norikazu

写真 5月4日 オーバルガーデンキッズテニスイベント

5月6日 NSA 出会い&再会

今日、有明のスポーツフェスタでとっても嬉しかったことがありました。


オーストラリアンオープンに出場した時に、現地の日本人の方が会場に応援に来てくれました。当時、メルボルンに在住し、テニスを始めていなかった子が私の試合を見てそれをきっかけに「僕もテニス頑張りたい!」と思って始めてくれたらしいです。

今日、クリニックに参加して、凄いボールを打つ子がいて、吉田プロと「良い球打ちますね~♪」と感心していたら、なんとその子がそうだったのです。

Wilsonの試打会の時に「上手いね~!」と話しかけたら、そういう話をしてくれて、凄く嬉しかったです。

出会いって本当に凄いですね!

自分と会って、こうやって何かを一生懸命に頑張ってくれる人が一人でも多く増えるように一生懸命に生きていこう!と思った日でした。

Norikazu

5月3日 NSA テニスの合間に勉強、勉強の合間にテニス♪

今日は、午前中仕事をして、午後から高校生のテニス指導と、NSAのアカデミー生の練習を行いました。

高校生は、テニスの後、塾のテストがあるので、テスト勉強をテニスをやる30分前に集中してやっていました。

科目は、物理!

「どれどれ!」と覗き込むと「難しい事をやっているな~!」 と思いました。 笑

こうやって、テニスコートでも、移動の電車の中でも時間がある時に一生懸命に勉強していくことが大切です!

大学院での生活では、1日3時間くらいの睡眠で、仕事、テニスイベント、合宿、講習会、テニス指導、研究、レポートを行っていました。

タイムマネジメントは、中学生、高校生の時からトレーニングしていかないといけませんね。

真面目にコツコツとっできる人が、受験でも必ず結果がでます。あとは、テストに慣れることも重要ですね!

何でも目標を持って、頑張っていくことは本当に大切なことです。

Passion!

Norikazu

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »